Facebookのフランス三色旗(トリコロール)アイコン表示について思ったこと

2015年11月13日にパリで発生した連続テロ事件は私や周りにいた人にとっても「大きなニュース」だった。

この事件で印象的だったのは、Facebookでサイレントマジョリティだと思われる層で、Facebookの追悼アイコン機能を使ってアイコンをフランス国旗の三色旗(トリコロール)に変えた人が数人いたことだった。

私のFacebookのタイムラインは、会社員、公務員と子育てしている人などのサイレントマジョリティ系の人と、フリーやメディア関係の発信力が強い層で二分されている。お「友達」の数としては、前者:後者=9:1だが、タイムラインでの表示率は0.5:9.5ぐらいになっている。

このサイレントマジョリティの人たちは、旅行や子供、ペットの写真を時々上げていて、逆に私がそういう話題をタイムラインに上げたときに「いいね」を時々押してくれるような人たちだ。

サイレントマジョリティはいわゆる安保法制の議論の時も、何かしら意見表明を投稿することは全くなかった。一方、フリー・メディア系の人たちの投稿はその時も活発だった。ちなみに私はタイムラインではフリー・メディア系の「控え目」な部類に入る方だと思う。

そういうサイレントマジョリティ層の何人かが三色旗のアイコンをちらほらつけたのを見て、「三色旗のブランドイメージはすごいんだな」と感心していたら、ほどなくフリー・メディア系の何人かが、「シリア・中東・他国の人たちが同じテロで数多く亡くなっていたときは無関心で、パリの時だけ三色旗で追悼することへの違和感」という主旨の複数の記事や発言をシェアしはじめた。

このパリ事件の直前にはロシアの民間機がテロと推測される爆発で墜落し、200人以上が亡くなっているし、それ以前のシリアとイラクの惨状は言うべきもない。

そうすると、サイレントマジョリティの人たちが三色旗のアイコンをほぼ全員撤回した。実は三色旗にした人の数としてはフリー・メディア系の人たちが多く、そこの層の方たちは三色旗のアイコンをつけたままで平然と三色旗への違和感を表明した人の記事にコメントしているし、ある人は逆ギレの記事をシェアしていたりした。

パリの事件よりも死者が多くかつ悲惨な状況で亡くなられた方がいる事件が多いのは全くの事実であり、イスラム国が拠点にしているシリアはフランスの旧統治国である。この時だけ三色旗を掲げるのは潜在的な差別意識や無知の表明であるという指摘も正論だと思う。

ただ、今回の件で、特に三色旗をアイコンにした人が学んだことが共通してあるように思える。

何かを価値を表明することは、その価値を受けいられない人の反発を招き、傷つけることでもある

ということだ。

三色旗はNATO加盟国のフランスの国旗であるが、日本人に馴染みに深いフランス文化を象徴するアイコンとして頻繁に使われていることはデパートに行けばすぐわかるし、「自由・平等・博愛」というフランス革命時代からの人権意識のシンボルとして連想する人もいるだろうし、パリに旅行した人もたくさんいるだろう。三色旗は日本人にとってフランス国旗というより「西洋文化」の象徴として受け入れられていると思う。

※本題から少しそれるが、東京都台東区は国立西洋美術館の世界遺産化推進運動を熱心に展開しており、三色旗(トリコロール)を使っている。上野公園やJR上野駅でよくみかける。臆面もなくというよりかは、日本人がいかに三色旗に対して抵抗がないかがよくわかる。

http://www.city.taito.lg.jp/sekaiisan/topics.html

三色旗を掲げた人には、純粋に犠牲者への追悼を表明した人もいるだろうし、「自由・平等・博愛」の精神を普遍的なものとして世界平和の気持ちを仮託した人もいるかもしれない。事件現場近くに滞在した経験がある人、フランス人の知人とつながりがある人もいるかもしれず、それぞれ何かを思ってアイコンを変えたつもりが、それが中東や他国の人への差別つながるという指摘を受けたことに、驚きを感じた人もいるだろう。

私が懸念するのは、特にサイレントマジョリティの層が今回のことに学んで、今まで以上にSNS上に何かの価値や意見を表示するのに慎重になるだろうということだ。サイレントマジョリティが共感しないとムーブメントはできない。三色旗の件で、シリア・イラクや中東・北部アフリカの惨状を知る機会ができたと考えてくれる人が多いことを願っている。

※以下に国連難民高等弁務官事務所の単発寄付画面のリンクを貼っている。私は特に同機関と関係はないが、この機会に難民支援を専門的に行っている公的団体のリンクを貼ってみた。ちなみに同会は電話での案内(営業)に熱心で、それをご遠慮していただくためのオプトアウトも積極的にやっていただくとありがたい。

https://www.japanforunhcr.org/form/all/donate/single/#tabWrap

零細出版社が電子書籍にイマイチ反応が鈍い理由

最近、電子書籍のプラットフォームの営業マンと長話をする機会に恵まれた。小所帯の出版社に電子書籍の出典を依頼しても、イマイチ反応が薄くて苦労しているという話だった。

もちろん事情は各社で異なるが、電子書籍用の細かい経理処理ができないというのが、多くの零細出版社で共通する事情のはずだと私は思っている。

出版社の経理は主に2つある。

一つは一般の会社も行う給与計算や経費精算などの経営経理だ。もう一つは書店の決算をとりまとめる取次会社との経理処理で、出版経理などと呼ばれている。出版物は委託制度のため、売上回収のタイムラグがあるため、経理が非常にややこしい。売上の勘定の多くが、未収金として立つようなものと想像していただければわかりやすいかも。

電子書籍をはじめると、このややこしい出版経理に加えて印税支払いの処理が膨張して、現状でも余裕が無い人的リソースがさらに逼迫されて、二の足を踏んでいるのというのが私の実感である。

書籍の印税は名前の通り、売上の分配という意味があり、本の売上に乗じて支払うのが本来の主旨である。しかし、実際は5000冊なり本を印刷するタイミングで印税をまとめて払う出版社が多い。特に初回出版時の印税一括支払いは、原稿料の代わりとしての印税の前払いという意味合いが強いのだが、まとめて印税を支払って出版社が通常経理処理を軽減しているという側面がある。

現状、売上の目処が立たない電子書籍では、レベニューシェアという売上分配制度を出版社としても取らざるをえない。著者にしても、月々少額の印税が支払われるというのはあまり気持ちもいいものではないだろうが、バックヤード処理をする出版社の担当者も毎月、プラットフォームから売上を報告をとりまとめて、100人以上いる著者への支払い総額を計算して、振込手続きを行う必要が出てくる。

「小口決済ぐらい慣れろよバカモノ」と他業界の方からドヤされても、「その通りでございます」と全面降参して平身低頭するしかない。出版業界のピラミッドの底部に存在し、でもボリュームゾーンである零細出版社では、小口決済を自動化するノウハウもないし、それを支援する共通プラットフォームもないのが現状である。

零細出版社のほとんどが個人商店程度の組織体である。経理のような間接部門に割ける人的リソースの余裕はほとんどない。

経理処理のことで悩むのなら、面倒くさい電子書籍の話を先送りしようというのが経営や現場に本音としてあるのでは、と私は感じている。

だから、電子書籍プラットフォーム競争では、出版社側の経理計算を軽減するようなインターフェイスを用意したところが最終的には勝つのではと私は予想している。勝ち組候補の最筆頭はやはりAmazonだろう。リアルな物品流通でも、すでにOracleをベースにした「セラーセントラル」や「ベンダーセントラル」などの自動化された売上報告インターフェイスを提供しており、ソリューション能力は他のプラットフォームを大きく引き離している。

Amazonの強さはすでに自動化された決済処理機構をプラットフォームの中に組み込んでいることにもある。それは、iTunes、iTunesストアとアプリ開発支援システムをバックにして携帯電話業界に乗り込んできたアップルにも似た強さである。ただ、商品が優れているのではなく、必ずしも優れた事務処理能力やIT技術を持っているわけではないユーザーや開発者をアシストできるシステムを持ったところが最終的に勝つ。

発売間近と噂されているKindleだが、大手出版社の作品だけではなく、どれだけ零細出版社の作品を集められるか、私は楽しみにしている。

不完全なるもの、それは恐らくBUFFALO謹製「バックアップ・ユーティリティー」。

これでバックアップしている皆様へおせっかい。

Windows Vista以降のOSを使っている皆様は、OS純正のバックアップに早く切り替えましょう。

Windows XPを使っている皆様は、Acronis True Imageなど信頼性のあるソフトに切り替えましょう。お金をかけられない人は頑張って相性のあうフリーソフトを探すか、気休め程度にこの付属ソフトを使った方がいいでしょう。

私の経験から申し上げますと、

・写真などの重いファイルが入ったフォルダ
・書き込み・保存・展開をしょっちょうしているアクテイブなフォルダ

は全くバックアップされていないか古いデータしかバックアップされていない可能性が…

このソフトの問題としては、ハードディスク容量が満杯になったとき、容量調整が極めてしづらいという問題もあります。

万が一、このソフトのバックアップに頼らざるを得ない場合のヒントをいくつか。

・Windwos XPでバックアップしたファイルはアクセス権の問題でVistaと7では開けないことがほとんど。XPモードかXP搭載マシンを引っ張ってくるしかない。ファイルのアクセス権の書き換えはおすすめできない。

・実はバックアップソフトの復元モードが作動しない場合もある。私はこのケース。こういうときは、BUFFALOの公式復元ソフト経由ではなく、直接バックアップファイルの差分データを収録したフォルダ(ファイル名は数字だけのはず)からデータを引っ張ってくるしかない。ただ、差分ごとにフォルダが別れているので、手動の作業ではかなり時間がかかる。欲しいデータが限定されているのであれば、バックアップファイルにインデックスをつけて、OSのファイル検索でみつけるのもよい。

・公式復元ツールでは、システムファイルに収納されているOutlook ExpressやThunderbirdなどのメールデータは復元できないと思う。その時は、上記のようにバックアップフォルダに直接アクセスして、メールデータを見つけるしかない。

BUFFALOは、無線LANやNASにしろ、ハードはしっかりつくりこんでいると思うんです。メーカーを貶めるためにこの記事を書いたつもりはないです。Windows XPユーザーのためのおせっかいでした。

Aviraが“非表示のオブジェクトが見つかりました”とエラーを吐く件

Avira Antivirusは高性能でかつ比較的きれいにレジストリに張り付くので、無料・有料版両方とも愛用している。使用環境は何れもWindows 7 Professional 64 bit版である。

しかし、4月からイニシャルのスキャンが87.8%に到達すると、“非表示のオブジェクトが見つかりました”というエラーを100件以上吐き出してスキャンがストップし、レスキューCDの使用を勧められる。

ひっかかているのはここら辺のレジストリのクラスタである。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ControlSet001\Control\Class

こりゃ、Aviraの誤作動だと思いはじめて、原因を調べていたら、このブログの見解の通り、Windows 7のアップデートパッチに引っかかるのが原因だと筆者も思うようになった。

http://d.hatena.ne.jp/kfujieda/20120527/1338127247

当初Aviraからの勧告通り、レスキューCDを作成してレジストリスキャンをかけたころ、内臓FDDの作動が止まらなくなるという副作用に見舞われ、結局FDDの機能停止させている。

レスキューCDは起動ドライブ内がウイルスに感染して、ウイルスソフトの駆除作動ができない状況で使用すべきだろう。

今のところ、このエラーを無視して、スキャンを続行させて、問題は起きていない。サブのウイルスソフトでスキャンしたが異常はゼロ。

このエラーは無視か、引用ブログ主が言うように英語版に切り替えてAviraをアップデートという対応でひとまず問題ないだろう。

※追記 : フリーのAviraを英語版に入れ替えたところ、この件の問題は起きなくなった。引用ブログにあるように、日本語版は傾向的にアップデートが遅いようで、これを機に英語版に入れ替えた方が良さそうだ。

書籍にはなぜ発売日がないのか

日本版「スティーブ・ジョブズ」は私にとっても“発売日”を待ちわびた本であった。日本版の出版社である講談社が上巻の“発売日”としてアナウンスしたのは、世界同時“発売日”とされた2011年10月24日だった。

私は10月24日の夜、閉店間際の都内最大級の某書店で目的の本をゲットした。しかし、実際には多くの書店では24日に2011年最大級の話題作が平積みされることはなかったのである。

このまとめ記事を見ると、この本の発売日に対する書店の現場が混乱と不満がわかる。

http://togetter.com/li/204659

結局この本は10月24日に一斉発売されたわけではなく、入荷できた書店から先に発売を開始した様子がよく分かる。しかし、これは書籍の単行本流通の通常の姿であり、この混乱が表面化したのは「スティーブ・ジョブズ」が超ビッグタイトルだったからである。

書籍には原則、一斉発売日という意味での”発売日”はない。入荷した書店から順次発売を開始する。

この書籍流通業界にとっては”当然の事情”を、出版村の外部の方々は知る由もなく、私も著者の方に繰り返し説明したことであり、ここでも説明を試みたい。

首都圏に住んでいれば「少年ジャンブ」は毎週月曜日に、「週刊文春」は毎週木曜日に書店やコンビニで一斉発売されるし、地方でも2日程度遅れで毎週発売日が設定されている。だから、同じ書店で取り扱う書籍だって一斉発売できるだろうがと村外の方々が発想されるのは当然だと思う。

しかし、実態は通常五月雨式にバラバラに各書店で発売される出版商品を、ごく一部のメジャー商品のみ”協定”を結んで発売日を揃えているのである。揃えるのには労力もかかるので、雑誌や有力コミックなど一部商品にしか適用されない。

なぜ、労力がかかるのか?それは書籍が出来上がって書店に並ぶまでの流れを知っていただければ、ご理解いただけるのではないと思う。

製本所で製本が終了し、書籍の制作が完了しいよいよ出荷段階になったら、出版社の営業担当者が、取次との出荷部数交渉を開始する。

某学術系大手出版社のように、印刷前に部数交渉を行い、事前に出荷する冊数にあわせて印刷する計画的な出版社もあるが、これはごく少数である。

通常の出版社は書店の事前注文から出荷数を予想して印刷し、アポ無しで取次に部数交渉を行う。取次には銀行窓口のように、部数交渉のためにブースがあり、営業担当者は見本の書籍数部と書店からの事前注文データをもって、ブースの席に座って、机向かいの取次の仕入担当者と簡単な交渉をする。

“なんでアポをとらないんだよ。SCMを無視したどんぶり勘定をいつまでもやってるから衰退産業なんだよ”という村外の声が聞こえてくるが、出版社営業側や取次にも反論がある。

出版社営業「泥縄の編集とスケジュール計画をつくると、結局営業が振り回されるので勘弁(苦笑)」

取次「一日に300タイトル新刊を受けていれているのに、泥縄の出版社といちいちアポをとっていたら、気が狂う(怒)」

出版社の体質についての感想はまた別のエントリに書きたいと思うが、本音の反論の標準値としてはこんなものだろう。

ブースでの交渉後、出荷部数と“搬入日”が決まる。

搬入日は出版社(実際は本をストックしている印刷会社か製本所)から取次の受品口に納本する日を指す。

この搬入日は通常窓口交渉から営業日中二日後に設定される。その中二日のうちに、取次は受け入れ部数を決定する。

搬入日の午前中に納本が行われる。そして、パレット(プラスチックの荷台)に山積みされた本を出荷単位ごとに分解し、それをラインに載せて、出荷区分単位に仕分けていく。一言付け加えておくと、この新刊仕訳の作業の過酷さと長年やってきた人の職人技を目の当たりにするときっとあなたも驚くはずだ。プロフェッショナルとして出版村が誇るべき存在だ。そして彼らの多くが取次社員ではなく、派遣なのにもまた驚くのだ。

出荷区分はおおまかに言うと、超有力書店・エリア単位でまとめられた一般書店向けの出荷・図書館向けの卸会社などの特殊注文などに区分される。

ここで言う超有力書店とは、主に都内にある書店チェーンの本店クラスのメジャー店舗である。Amazonもこのクラスタに含まれる。当日午後にはこのクラスタへの直送便での出荷が開始される。通常クラスの書店向けには、一旦各エアリごとの集品所(ほとんどは運送会社か倉庫会社のストックスペース)でもう一度仕分けれされてから、さらに各店舗に出荷される。

出荷した本の到着のタイミングの目安は概ね以下の流れになるだろう。

(日数の単位は休日は除く)
搬入日当日:夕方に都内の有力店舗・有力ネット書店に直送便で到着

搬入日翌営業日:首都圏の一般書店・京阪神の有力店舗に到着開始

搬入日2営業日後:本州の一般書店に到着開始

搬入日3営業日後:九州・四国の有力店舗に到着開始

搬入日5営業日後:北海道・沖縄の店舗に到着開始(※船便を使うので遅い)

例えば京阪神でも、大阪市北区の大型書店と和歌山との県境に近い立地の書店とでは到着日は違う。過疎地域では、毎日輸送便が行っていないケースもある。

さらに、書店に到着してから、すぐに売り場に並ぶわけではない。

大型書店には売り場とは別に仕入部が存在し、仕分部隊が(女性はまずいない)が山積みになったダンボールや梱包を解体していく。同時に経理部隊が紙の伝票の束の処理を行う。これは最低半日はかかる。

次に売り場ごとの仕分けと伝票処理が完了した商品を各売り場の担当者が受け取りに行く。

しかし、これも最短処理で行われるわけではない。

休日は仕入部の作業はストップする。書籍の仕分けと経理処理を同時に処理しないと、毎日膨大な数の入荷に対する(数も品目も多い)未精算処理が溜まり、経理機能が破綻する。書店も取次もよほどのことがない限り、通常必ず同時処理を行なっている。経理部は取次から書店まで土日は原則休みなので、ガテン系の野郎達が土日出社しても、仕入れはストップするわけだ。

加えて、通常レジ打ちも行い書棚整理もしなければいけない売り場担当者が随時仕入れに並んでいる新着書籍を取りに行けるわけではない。一日に一回取りに行ければいいほうだ。そして彼ら彼女らにも当然休みの日はある。誰が他の担当者が取りに行っても、どのように売り場に配置すればいいかわからないから、やはり売り場担当者が仕入部に来るのを待つしかない。

このような事情で、書店に入荷してからもすぐに売り場に並ぶわけではない。金曜日に入荷した本の多くは翌週の月曜日に並ぶことが多いのはこのような事情があるためだ。

小さい書店の場合、このような仕入れ作業は午前行う場合が多い。午前、ビニール紐に梱包されたダンボールを売り場でみかけることが多いのはこのためだ。

書店のステータス、立地地域、書店内の処理事情により、書籍の発売日が五月雨式にバラバラなのは出版村の怠惰というよりも、流通の自然な流れだと少し理解いただけるのではないかと思う。

年間7万点を超える新刊書籍刊行数を計画的にコントロールすることが不可能なため、取次は出荷交渉が終わった書籍をこのように順次流通させているのだが、どうしても新刊点数が集中する時期がある。主に新入学シーズン、ゴールデンウィーク前、クリスマス・正月シーズンである。このような時期は取次や書店もキャパシティー・オーバーとなるので、上記の目安から陳列がさらに遅れることになる。

さすがに、宣伝にお金をかけ広告を多数掲載している雑誌、熱心な読者が書店に走るコミックはこのような五月雨式の発売をとっていることはできず“計画的な発売日”を設定している。

前述のとおりこのケースでは出版社・取次・書店が“協定”を結んで発売日を揃える。出版流通商品は発売については、陳列日を協定で取り決める“計画商品”(もしくは“積み込み商品”)と“一般商品”に分けている。

計画商品については、取次は地方向けの発送を優先したり、本来早く流通できる商品をストックスペースに寝かせて出荷タイミングを調整したりするのだ。書店でも調整をおこなっている。発売日当日に売り場担当者のシフトスケジュールが休みだったり、仕入部の処理が追いつかない状況でも、発売日に遅延がないように別の担当者を代替としてたてることを取り決めたりと細かい調整をおこなって最優先で陳列を行う。

この協定についての事情については四国新聞社が丁寧な解説記事を書いているので、参考にしていただきたい。

http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/124/

単行本書籍でも、協定が結ばれて計画商品になるケースがある。一世風靡した「ハリー・ポッター」シリーズがその典型だ。

「スティーブ・ジョブズ」本の発売日だった10月24日は取次搬入日だったと書店関係者から聞いている。私は都内某店で24日月曜日夜に本を購入したが、地元の小さな書店に並んだのはその週の後半だと記憶している。

講談社は協定を結ばなかったようだ。しかも、“発売日”と搬入日が同日になった。これは講談社の内部事情なので、詳しい事情はわからない。しかし、搬入日当日に都内超大型書店にまず最初に陳列されるという”自然な書籍流通”のかちたを多くの出版村外の方々にもお見せする機会にはなったようだ。

後日、関係者とジョブズ本について話す機会があったが、講談社は翌日25日に陳列するよう依願したが、都内のライバル同士のA級店舗のほとんどが協定のない依願など一顧だにせず当日夜発売を決行したとのことである。早く売った者勝ちだもんね。

しかし、一般的にこのような出版流通事情が認知されると思われない。
では出版社は対外的にどのように“発売日”を告知すればいいのか?

私が営業担当のときは、単行本書籍については”発売日”という表現を使わず、搬入日の翌日を“発売開始日”として表示してもらう使うことを編集サイドに依頼していた。

それでも編集がどうしても”発売日”を告知したいというときは悩んだ結果、本州の一般書店に陳列されはじめる目安である”搬入日から3営業日後”に設定してもらっていた。

Amazonはデフォルトで搬入日の翌日を”発売日”として自動表示する。しかし実際はその発売日には各フィルフルメントセンターへ入荷が完了した状態で、カスタマーへの発送はこの発売日から翌日以降だ。しかし、読者や著者はAmazonの“発売日”に目が行くので、あまり遅い日に設定するも間延びするので難しい。

私は九州にも住んだことがあるが、本州以外の地の人は感覚的に本や雑誌の発売日のタイミングが本州より遅れることは感覚的にわかっているだろうという希望的な観測をもとに中間点を選んだというわけだ。

ジョブズ本も講談社が“ジョブズ氏の死去を受けて世界同時発売日が24日に急きょ繰り上がったため、24日から順次発売のかたちになります”とアナウンスすれば、読者もそういうもんだとあきらめるかもしれない。ただ、オリジナル版の版元との契約、公式には書店間に差をつけられないなどの複数の“しがらみ”があったのではと勝手な推測はできる。

書籍が五月雨式の発売になっているのは流通のシステムを見れば自然なことなのだから、体裁は悪いかもしれないが、恥ずかしがらず出版社もはっきり告知すればいいのではとは思うが、それは積極的になされていない。編集者や出版社の宣伝担当がこの問題に関心がないからのか?それとも書店に対する扱いに差があること、地域によっても差があることを表面化させたくないという出版村の“慮り”なのだろうか?

Windows XPマシンをWindows 7 64 bit マシンにアップグレードする

5年前に買ったWindows XPデスクトップのOSをアップグレードした。
要因としてはWindows XPだと安定したシステムバックアップが取れない、iPhoneで撮った大容量映像ファイルを読み込めない、Cドライブに使用していたSeagate HDDがへたってきた、等々。
一方で、Core 2 Duo初期に買ったE6320がなかなか優秀で、低周波数で発熱はしないし、L2キャッシュは4MでWindows 7積んでも問題ないと判断した。

アップグレード前のスペックは
CPU:Core 2 Duo E6320 1.86GHz
マザー:Intel 純正 DG965SS (G965 Express Chipset Faimily)
BIOSバージョン: 1687
メモリ: DDR2 PC2-6400 (800MHz) 2GB (Samsung ) × 2
VRAM: なし
ドライブ:160GB 7200rpm(Seagate), 2T 7200rpm(WD)
OS: Windows XP Home Edition SP2

今度のアップグレードでは、
OSをWindows 7 Professional 64 bitにアップグレード、
CドライブをSeagate160GからCrucialのM4 SSD 128Gに換装、
メモリを8Gに増強、
というのが主な作業になった。

G965 Express Chipset Faimily はCPU史に残るブレイクスルーだったCore 2 Duoに本格的に対応した初期のチップセットであり、コンシューマー用のチップセットでの64bitへの本格対応もこのファミリー以降だったはず。Intelの公式ガイドではVista 64bitまで公式対応とのことだが、先行者の皆様のブログやQ&Aで7対応も行けそうだと判断した。

このマシンを実際にWindows 7 64 bit にアップグレード してポイントとなるのは

BIOSのバージョンアップ

であろうと思った。

私はこれのタイミングを間違えて難儀した

できるだけBIOSをいじりたくないということで、手をつけなかったが、これが苦戦の要因。

OSをインストールして、OSの設定作業をするとCPUパワーが常時100%稼動となり、作業が捗らない。Windows 95スペックのマシンでWindows 7を動かしているような気分だ。
チップセットのドライバを更新しても、変化が見られず。
救いだったのはE6320のクロック1.86Gなので、100%稼動を一日中続けても熱暴走は一切しなかった。
OSのバージョンアップをあきらめようという思いが脳裏を掠める中、最後の対応策だったBIOSのバージョンを最新の1754に上げたら、最新のSSDマシンと遜色ないサクサク状態になっていた。

2007年購入当時搭載されていたBIOS 1687バージョンでは64bitの命令方式に対応していないのが要因らしい。

ということで、DG965SS搭載マシンを64bit化する際はOSの入れ替え前にBIOSのバージョンアップを済ませた方がいいのだろうと推測される。

ただし、BIOSのアップデートはマザーをぶっ壊す可能性もあるので、実行する場合は自己責任&データバックアップを忘れずに。

アップグレード後の感想だが、FirefoxでのJavaの暴走でつまり気味なる以外は、ヌルヌルで動作する。
会社で使っているCore i5のHDD搭載機で感じるもっさり感は一切ない。

E6320はCPUでのVRAM機能の充実を図りはじめたばかり頃のCPUなので、ベクターソフトに重い画像をはりつけて作業などのパワープレイをどこまでできるかは未知数。しかし、電源にやさしいE6320の省電力性を愛しているので、当面このマシンを愛用するつもりだ。

※追記 : CPUの暴走の原因はマザーの古いBIOSが64bit非対応ということではなく、古いBIOSがSSD非対応だからという気もしてきた。何れにせよ、DG965SSの構成を変えるときは、入れ替え前にBIOSを最新にした方が良さそうだ。

回想―3月11日

あっという間の1年だった。

1年前の午後2時46分、何かのルーチンワークを仕事場でしていた。
前日1年間ほど揉め続けていたある仕事の収束に目処をつけて、
緊張が和らいだせいからか精神的な疲れがじわりと出ていた頃だった。

あの大地震の揺れが起きた時、これはすごい地震が来た、関東か東海地域直撃の地震がついに来たのだと思った。

事務所はもろい構造だ。

大きいのが来たら、机の下なんかには逃げず、とにかく外に出るという意識がその事務所の人間にはあった。ノートパソコンで仕事をしている者はAC電源を引っこ抜いてそれを持ち出した。デスクトップで仕事をしている人間はバックアップハードディスクを引っこ抜いた。建物に2度と戻れないかもしれない。その瞬間に持ち出せる重要なものを持って、とにかく外に出よう―

20秒後には外には出ていた。建物にいた人が続々と外に出る。

何の障害もない道路上なのに、立っていることができない。

1分たっても揺れは続く。しかも強い。

事務所の向かいにある酒屋。ケースに積んでいた酒瓶が次々と落ちて割れていく。

子供がいる人が電話をしても全く通じない。

電話端末で揺れいている瞬間を携帯で動画撮影しようとも一瞬思ったが、それを実行する余裕はなかった。

Twitterのタイムラインを見ていると、仙台駅の新幹線ホームの電光掲示板が斜めにぶら下がっている写真が出てきた。東北で起こった地震だと気づいた瞬間だった。

揺れは断続的になってきた。揺れが収まったと思って事務所に戻るとまた揺れてパソコンを片手に外に飛び出すことを繰り返した。

近隣に住んでいる老女が2階の窓から下を眺めていた。

私が話しかけると、
“もう80歳近いし、身体も動かないから、死ぬなら自分で家で死ぬの”
と言って、救護の申し出も固辞し続けた。

鉄道がマヒしたのは確実だった。
1センチの積雪でもマヒするのだから、この大地震で回復するのはすぐじゃない。

小学生の子供を持つ同僚は気が気でなく、電話をしても通じない。
大通りでは路線バスがまだ生きていることに気づいた。
バスが生きている間にとにかく帰った方がいいということで、
私はその人の上長でもないのだがオーケーを出して、
その人はバスに飛び乗っていった。

揺れがようやく収まり、事務所に戻った。
社長とは連絡がとれず、同僚と話し合って各人の判断で帰っていいということになったが、帰れるアテもなく、物が散乱した事務所で片付けをしていた。

午後4時台、ネットではお台場のボヤなど東京の被害のニュースしか情報は上がっていなかった。

東北は以前も大型の地震があったので、それを上回る規模の地震なのだという程度の認識だった。

首都圏の交通が全てマヒしているということをテレビで確認して、帰れない前提で近所のスーパーにめぼしい食料品を買いに行った。
午後5時ぐらいだ。
その時は買い占めの情景はなかった。
人もまばらだった。
水、カップラーメン、チューブ型ゼリーを買って会社に戻った。

インターネツトは生きていたから、メールを使って仕事を再開した。
同僚がテレビを見ていたので、それを覗くと、
それは宮城の沿岸部で海の濁流がバイパスを飲み込む映像だった。
これはとんでもない惨事が起きているとはっきりと分かった瞬間だった。
その後に海水に飲まれる仙台空港の映像が出てきた。
もうそれは映画の映像ようで、現実感はあまりなかった。
午後6時ぐらいだった―

それから、新宿駅についたのは午後11時ごろだった。
地下鉄が再開したというニュースをきいて、帰ることを決めたのだった。

新宿に向かう道は新宿から吐き出された徒歩者で
朝の通勤時でも見ないような混雑だった。

新宿に差しかかる。
風俗店はいつものようにキャッチを続けていた。
吉野家には行列ができた。
不安なときは何かを食べないと。

新宿駅に着く。
JRは全く動かない。

改札にいた駅員が京王線が再開した旨を必死に乗客に案内していた姿が滑稽だった。

みどりの窓口はすべてシャッターが下ろされていた。
そのシャッターにヒステリックに運行見込なしの告知が張り付けてあった。

地方から来たらしき人が疲れたように座り込んでいた。
私はその人にチューブ型ゼリーを差し出そうとしたが、やはり止めた。
他の人が見ている中で、ある人にあげることにためらいがあるし、
自分のやることが偽善のように思えた。
そしてそのあと、この判断を強く後悔した。

地下鉄は信じらないほど混んでいた。
何とか乗った。
混雑に耐えられず、そして自宅の近くまで接近したのだから、
他の人にスペースを譲るために、最寄駅よりも手前の駅で降車した。

駅から地上に出ると、警察官の姿が目立った。
寒く、これから何が起きるかわからない不安感があった。

ホームレスらしき男性にチューブを差し出した。
彼は「何でこんなことをしてくれるんですか?」とためらったが、
結局チューブを渡した。

自宅にたどり着いて玄関を開けた。
部屋がどんな惨状になっているかと思っていたが、
洗面台においてあるボトルが一本倒れているだけで、
何も落ちていなかった。

実家の様子を確認した。
停止したガスメーターをまず回復させた。

「ヤシマ作戦」と称した節電のよびかけがネットで広がっていたので、
照明・暖房・パソコンの電源は入れなかった。

暗い部屋で風呂を沸かしながら、テレビを見た。

ニュース映像で気仙沼市の映像が映し出された。

暗くて何も見えない地平に炎が広がっていた。

とんでもないことが起きている―
そして、気仙沼の映像を見ながらとめどなく泣いた―

一年前のあの日、何か特別なことをしたわけではないけれど、
地震後の時間は今でも克明に覚えている。

日が明けても、不安感が抜けることはなかった。

仕事のトラブルの疲れもあったのか、翌日の土曜日から日曜日はほとんど何もせず、テレビもつけずに、布団の中から出ようとしなかった。
買い占めがはじまっていたが、参加する気力はない。暗く寒い部屋で、iPhoneのTwitterを見ながら過ごした。タイムラインは地震一色だった。

日曜日の夕方、明日出勤になるだろうということで、さすがに少し動く気になり、近所の酒屋でミネラルウォーターを買った。普段見向きもしないのに、こんな時だけ買いに来て悪いなと思いながら。

テレビをつけた。
しばらくして、東京電力の清水正孝社長の記者会見の映像になった。

マイクを持ちながら「これから着席させていただきます」と言うあたり、
日本企業の典型的なお偉いさんという感じだった。

青い作業着を着こんで、輪番停電の必要性を説明するあたりで、
人々の生活を握る電力を供給するインフラ会社のトップなのだという
権能感が全身からみなぎっているのを読み取れていた。

福島地方の原発に対しては、「全力で対処する」と一言触れただけだった。

それから3日後の15日の朝、東京電力福島第一原発の4号機と2号機が相次いで爆発した。
NHKの実況中継は水素爆発であり核爆発ではないことを解説者が連呼していた。
でも、チェルノブイリの爆発って水素爆発だろう?

僕は社長の携帯に電話をした。
彼は電話に出なかった。
不必要な出勤は必要なく、自宅での作業を選択できるようにして欲しいと留守電に吹き込んだ。
返信の電話はなかった。
同僚にも連絡をとっていたが、社長判断は示されなかったので、通常出勤した。

出勤して社長と会ったが、その話題は話さなかった。

その日の夕方、
社長は持ち前の勢いで、
「俺の知り合いで広島の被爆者がいるが、80歳を過ぎてもピンピンしている。
何だったら俺が福島第一にボランティアに行ってやる」
と、パニックを起こしている人たちに話しかけていた。

そして、それから波はあったけれど、通常が戻ってきた。

でも、あの地震は私を確実に変えた。
これまで無意識に寄りかかってきたものが、本当の修羅場では頼りにならないことがよくわかった。
それはとても重く、しかしながら僅かな開放感もあった。

私はそれから惰性でつきあってきたものから静かに撤退するように心がけている。

Amazonの本の補充はなぜ遅いのか

Twitterのタイムラインで、本の著者になった人がAmazonへの自著の入荷状況に一喜一憂する姿を良くみかけるようになった。

Amazonで本が売り切れたあと、なかなか在庫ありのステータスにならない。補充されるまでのタイムラグに苛立つ著者は多い。

こういった間、出版社が何もしていないのかというとそうではなく、何もできないというのが実情に近い。私も編集者として苛立つ著者に説明しても、著者の勤務先や出版産業に対する不満をかえって大きくするだけだっだので、ここで説明しても同じ結果かもしれないけれど、書いてみる。

最大の理由は何と言っても、Amazonからのオーダーから本が納品されるまでに通る流通過程が複雑で時間がかかるためだ。

出版社がAmazonに本を納品するまでの流通過程のパターンは実際いろいろあるのだが、筆者の環境では以下のようになっている。

Amazonが本のオーダーデータを送信。

↓(即時)

Amazon専用倉庫と連動している取次のデータセンターがオーダー用の注文伝票を出力。

↓(即日もしくは翌日)

取次会社の発注部隊が出版社に発注伝票を送信。

↓(翌日)

出版社が発注伝票を受け取り、在庫照合の上発注処理を行い、契約倉庫会社へ発注を送信。

↓(翌日)

出版社が契約している倉庫会社が発注処理と伝票作成を行う。

↓(翌日)

倉庫会社で商品のピックアップ、送品のための仕分け・梱包。

↓(翌日)

取次のAmazon専用倉庫に納品。専用倉庫で受品処理と送信処理。

↓(翌日)

Amazonのフルフィルメントセンターセンターに納品。Amazonのステータス更新もしくはカスタマーへの発送作業開始。

これだけレイヤーが重なっていれば、動きが鈍くなるのは当然だ。加えて一つだけ言っておくと、何ともないような伝票処理の作業も、実はものすごく仕事量が多く、極めて退屈でかつ仔細であり、担当者の神経をすり減らしている。

Amazonや取次もこういった問題はもちろん認識していて、フルフィルメントセンターや専用倉庫にある程度の在庫を持っており、オーダー数が多くなければ、出版社を通さずに処理をしようと努力している。さらに、取次は専用倉庫以外にも埼玉と大阪にストック専用の倉庫を持って、冗長性をある程度確保している。

しかしながら、あるきっかけでスポット的に100冊単位の注文がAmazonに来たときなどは、Amazonや取次の在庫では対応しきれず、出版社経由の発注となる。その場合、商品がAmazonにつくまで、6日〜8日程度のタイムラグがあると想定した方がいい。

私は出版社で倉庫管理や取次営業の経験もあるので敢えて言うが、このタイムラグの遅さはどうしようもないと思っているところはある。

本はとにかく品目数が多い。書籍は知識の集合体で、古いものでもできるだけ生かそうとする。それは情報学的には好ましいけれど、在庫管理や流通の面で言うと極めて非効率だ。

取次を抜いてAmazonと出版社が直取引をしたらいいという提案もあると思うけれど、それはAmazonからお断りするケースが多い。Amazonは1000以上ある出版社との個別対応をできるだけ避け、取次を通しての一括処理を望んでいるのが現実だ。

このような流通の問題はもちろん改善していくべきだが、すぐにではできない。出版社内部でできる対策をやった方が現実的である。

品不足の深刻化を予防する最良の手段は、発売前に、なるべく早い期間からAmazonで予約をとることだ。

Amazonは出版社に対してベンダー・セントラルというインターフェースを用意しており、出版社はISBN番号さえ決めれば、任意のタイミングで予約ページを作成できる。本のタイトルと発売日が決まったら、編集者が予約ページ作成を営業部門にお願いすることが好ましい。早めにとった予約分は本を流通させる前に在庫を確保できるし、予約の母数が多いと取次やAmazonは発売時に予約数より割増ししての発注をかけてくれる。

ただ、営業サイドの都合で出版社が予約ページを作らないケースが多い。理由もいろいろだろうが、基本的には出版社の部門間連携ができていないためだ。

営業は編集側に(これ以上)振り回されたくないという意識が常にあり、自分の仕事を積極的に増やそうとはしない。予約管理と処理はそれなりに神経を使う仕事だから。

著者や編集者は自分の作った本だけに目を向け、その本にできるだけ力を入れようとするが、一方で出版社が持つ数百のタイトルを日々相手にする営業・在庫管理側の人間はある本だけに労力をとられないようする。彼らは毎日やってくる処理を円滑にすすめる義務を背負っている。この非対称性が部門間連携の根本的な妨げになっており、加えて編集者が常に頂点に立つ士農工商的なヒエラルキーに対する営業側の潜在的な感情も原因なのだが、ここでは深く触れられない。

欠品を避けるためもう一つ大切なポイントは、本が有力媒体・メディアに紹介されるとわかったらてきるだけ早くAmazonか取次に連絡して在庫を確保してもらうように依頼することだ。目安は50冊以上スポット的に売れるという確信がある場合だ。

Amazonと有力出版社間ではテレビでの紹介などパブリシティ情報を共有する体制がほぼ確立している。中小零細出版社ではAmazonに相手されていないという悲しいケースがあるため、担当者同士の緊密な連携ができないということも多いのだが、有力メディアでの紹介が確定していれば取次の担当者が対応してくれる。

Amazonは在庫ステータスを厳しめに表示するようになっており、3.11後の流通混乱後さらにその傾向が強くなっている。

”この本は現在お取り扱いできません”
と太字で購入画面にドーンと表示されてびっくりする著者も多いが、これはAmazonが在庫不足で注文を捌けずに、カスタマーのウエイト期間をできるだけ減らすために新規注文をシャットアウトする予防的措置だ。

このような事態を避けるためにも、編集者は予約ページの早めの開設、パブリシティの事前の仕込みという段取りが必要になってくる。何よりも営業部門との円満な関係も必要かもしれない。

そして、できれば著者や読者の方には書籍流通の複雑さ(古さ)や現場の人間の大変さに想像力を働かせてもらえたらと思う。

はじめまして。

こんにちは。

出版業界で働いています。

文章を書く練習のため、自分自身へのリハビリのためにブログをはじめました。

特にテーマを決めず、思いついたことを書いていきたいと思います。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。