不完全なるもの、それは恐らくBUFFALO謹製「バックアップ・ユーティリティー」。

これでバックアップしている皆様へおせっかい。

Windows Vista以降のOSを使っている皆様は、OS純正のバックアップに早く切り替えましょう。

Windows XPを使っている皆様は、Acronis True Imageなど信頼性のあるソフトに切り替えましょう。お金をかけられない人は頑張って相性のあうフリーソフトを探すか、気休め程度にこの付属ソフトを使った方がいいでしょう。

私の経験から申し上げますと、

・写真などの重いファイルが入ったフォルダ
・書き込み・保存・展開をしょっちょうしているアクテイブなフォルダ

は全くバックアップされていないか古いデータしかバックアップされていない可能性が…

このソフトの問題としては、ハードディスク容量が満杯になったとき、容量調整が極めてしづらいという問題もあります。

万が一、このソフトのバックアップに頼らざるを得ない場合のヒントをいくつか。

・Windwos XPでバックアップしたファイルはアクセス権の問題でVistaと7では開けないことがほとんど。XPモードかXP搭載マシンを引っ張ってくるしかない。ファイルのアクセス権の書き換えはおすすめできない。

・実はバックアップソフトの復元モードが作動しない場合もある。私はこのケース。こういうときは、BUFFALOの公式復元ソフト経由ではなく、直接バックアップファイルの差分データを収録したフォルダ(ファイル名は数字だけのはず)からデータを引っ張ってくるしかない。ただ、差分ごとにフォルダが別れているので、手動の作業ではかなり時間がかかる。欲しいデータが限定されているのであれば、バックアップファイルにインデックスをつけて、OSのファイル検索でみつけるのもよい。

・公式復元ツールでは、システムファイルに収納されているOutlook ExpressやThunderbirdなどのメールデータは復元できないと思う。その時は、上記のようにバックアップフォルダに直接アクセスして、メールデータを見つけるしかない。

BUFFALOは、無線LANやNASにしろ、ハードはしっかりつくりこんでいると思うんです。メーカーを貶めるためにこの記事を書いたつもりはないです。Windows XPユーザーのためのおせっかいでした。

広告

iidabashiueno について

出版社勤務です。文章の練習のためにブログをはじめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。