ピリオドの使用法違反があるiモード・EZwebのアカウントにメール送信ができないときの対処法

連絡先としていわゆるケータイメールを教えられるとちょっと困った感じになることは多い。特にこちらが仕事をする立場だとなおさらそうだ。こちらは仕事用のケータイメールを教えることもできず、PCメールから連絡すると、ケータイメールのサーバーから送信エラーのDAEMONメールが返ってくることが往々としてある。

ケータイ側が迷惑メールのフィルタリングとしてケータイメール以外のメールを受け取らないようにしていることが送信エラーの要因としては多いのだが、ケータイメールアカウントそのものが国際基準不適合で送れないケースも少なくはないのだ。

NTTドコモのiモードメールとauのEZwebメールでは2009年まで、メールアドレスのアカウント名部分(@の前側)に、ピリオドの連続使用や@部分の直前にピリオドを使用するメールアドレスを発行してきた。

xxxx…xxxx@docomo.ne.jp
xxxxx.xxxxx.@ezweb.ne.jp

などである。

このようなピリオド使用があるメールアカウントをNTTドコモとauは大量発行していたが、これはIETFというインターネット黎明期からインターネットの標準規格を策定してきた国際標準化団体が定めた標準仕様「RFC」のプロトコルに違反する仕様である。そのため、gmailやMicrosoft Outlookなど国際的なメールサービスからはこれらプロトコル違反のiモードとezwebアカウントにメール送信が原則できない。(ただし、国際企業のvodafone日本法人を前身とするソフトバンクはこの問題を回避している、また日本の携帯キャリアのいわゆるケータイメール同士だと問題は起こらないようだ)。

この問題については下記の記事が詳しいのでご参照いただきたい。

https://www.h-fj.com/blog/archives/2009/03/01-100125.php

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/940620

NTTドコモもauもこの問題を積極的に広報していないため、これに気付かずに国際標準違反のアカウントからPCメールなどに送信している方はまだ多く、これらの違反アカウントからPCメールで教えられたメールに返信できないし、それに伴うコミュニケーショントラブルが発生するという問題も起こる。

少し面倒くさいが対処法もある。
標準違反のアカウントにgmailなどから返信する方法として、そのアカウント部分を引用符を挟む方法がある。

“xxxx…xxxx”@docomo.ne.jp
“xxxxx.xxxxx.”@ezweb.ne.jp

などとする方法である。gmailなどからもこれらのアカウントへ送信ができるはずである。

広告

ThinkPad(Lenovo) のノートPCを購入・注文するときの注意点(メモ)

IBMブランドだったThinkPadノートブックPCは中国Lenovo(レノボ)に事業譲渡後も設計は日本の神奈川で行っており、堅牢なボディ、キーボードタッチの良さ、重厚さがあるブラック基調のデザインなどの伝統はIBMから引き継いでいる。Macに対抗できる質感を備えている数少ないWindows PCブランドの一つだと思う。しかし注文するときは、玄人向けメーカーのLenovoのクセみたいなものを知っておかないと火傷するかもしれない。ちなみに情報は2017年2月現在なので、悪しからず。

・Lenovo(レノボ)は納品、発送は遅く、読めないメーカーであることを覚悟する。→ LenovoのPCはCTO(カスタマイズ受注生産)による注文・納品が原則で、作り置きの商品は少ない。CTOでの注文は納期が遅く、中国生産でも米沢生産でも最速2週間を見込んだ方がよい。少なくとApple、Dell、HPより納品は遅く遅延も多いと覚悟したほうがいいと思う。Lenovoの最上位ブランド機種はNECの米沢工場で生産するモデルも選べるが、米沢産は注文後に部品欠損で遅延する確率も高い(そうなると1か月待ちはザラ)。米沢の工場は中国の工場より小さく、世界のサプライチェーンの主流からは孤立している立地なのでこれはやむを得ない。米沢と中国の品質の差はなく、通常の納品日の差もほとんどなく、日本製のブランドをとるかの差のみと販売員の方は力説していたが…。納期の遅さ、遅れが仕事や生活に影響してしまう状況の人はLenovoのPCを注文するのは止めておいた方がいいだろう。

・割引率の変化が激しい。 → 直販サイトで土日祝は割引率40%台、平日は30~20%と曜日によってなぜか露骨に違うので注意。とにかくLenovoのPCは新発売時期をのぞくと、40%以上の割引率で買えるものと思っていい。ホリデーシーズン、Lenovoの四半期ごとのバーゲンシーズンだと、平日でも割引率が高く、休日には値引きがさらに数%加算されたり、割安なパッケージが出ていたりする。

・注文は家電量販店での購入ではなくLenovoサイトでの購入を選んだ方がいい。 → 量販店で買ってもポイントつかない、値引きもなく、アフターサポートもない。加えて購入時に、キャンセルしない・延着の了承・アフターサービスは量販店に依頼しないなどの誓約書を書かされる。Lenovoは注文した製品の到着の遅延が多く、売り場で誓約書を書かされてもサポートに連絡して了解が取れると注文のキャンセルや返品ができるが、返金はレシートなどを揃えて量販店に行かなくてはいけない。また、注文後の納品状況の確認もいちいちサポートに連絡しないといけない※。サイト直販での購入は確認ページでオーダーナンバーを入力して確認できる。量販店の販売員の方は親切な方が多いとは思うが、裁量はほどんどないとのことだ。

※後日、購入店の代表電話(レシートやホームページなどに記載)と売り場で通知される注文番号で注文ステータスを追跡できると知ったが、これは公式には案内されていない。

・注文から14日経過しても製品が未発送の場合は注文をキャンセルできる。量販店で購入した製品でも、カスタマーセンターにキャンセルの電話かメールをして了解を取ることができれば、量販店の担当者から返金についての連絡が来るようになっているはずである。 → http://shopap.lenovo.com/jp/shopping-faq/faqs/#cancel

・注文から14日経過後に発送された製品も返品できる。ただし、到着後10日日以内の連絡や、未使用であることなどの条件がある。また返品にかかる送料は送り主が負担する。→ http://shopap.lenovo.com/jp/shopping-faq/faqs/#return

・延長保証や電池交換保証は直販サイトで後日購入できる。 → https://support.lenovo.com/jp/ja/documents/thinkplus_list

不完全なるもの、それは恐らくBUFFALO謹製「バックアップ・ユーティリティー」。

これでバックアップしている皆様へおせっかい。

Windows Vista以降のOSを使っている皆様は、OS純正のバックアップに早く切り替えましょう。

Windows XPを使っている皆様は、Acronis True Imageなど信頼性のあるソフトに切り替えましょう。お金をかけられない人は頑張って相性のあうフリーソフトを探すか、気休め程度にこの付属ソフトを使った方がいいでしょう。

私の経験から申し上げますと、

・写真などの重いファイルが入ったフォルダ
・書き込み・保存・展開をしょっちょうしているアクテイブなフォルダ

は全くバックアップされていないか古いデータしかバックアップされていない可能性が…

このソフトの問題としては、ハードディスク容量が満杯になったとき、容量調整が極めてしづらいという問題もあります。

万が一、このソフトのバックアップに頼らざるを得ない場合のヒントをいくつか。

・Windwos XPでバックアップしたファイルはアクセス権の問題でVistaと7では開けないことがほとんど。XPモードかXP搭載マシンを引っ張ってくるしかない。ファイルのアクセス権の書き換えはおすすめできない。

・実はバックアップソフトの復元モードが作動しない場合もある。私はこのケース。こういうときは、BUFFALOの公式復元ソフト経由ではなく、直接バックアップファイルの差分データを収録したフォルダ(ファイル名は数字だけのはず)からデータを引っ張ってくるしかない。ただ、差分ごとにフォルダが別れているので、手動の作業ではかなり時間がかかる。欲しいデータが限定されているのであれば、バックアップファイルにインデックスをつけて、OSのファイル検索でみつけるのもよい。

・公式復元ツールでは、システムファイルに収納されているOutlook ExpressやThunderbirdなどのメールデータは復元できないと思う。その時は、上記のようにバックアップフォルダに直接アクセスして、メールデータを見つけるしかない。

BUFFALOは、無線LANやNASにしろ、ハードはしっかりつくりこんでいると思うんです。メーカーを貶めるためにこの記事を書いたつもりはないです。Windows XPユーザーのためのおせっかいでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。