Facebookのフランス三色旗(トリコロール)アイコン表示について思ったこと

2015年11月13日にパリで発生した連続テロ事件は私や周りにいた人にとっても「大きなニュース」だった。

この事件で印象的だったのは、Facebookでサイレントマジョリティだと思われる層で、Facebookの追悼アイコン機能を使ってアイコンをフランス国旗の三色旗(トリコロール)に変えた人が数人いたことだった。

私のFacebookのタイムラインは、会社員、公務員と子育てしている人などのサイレントマジョリティ系の人と、フリーやメディア関係の発信力が強い層で二分されている。お「友達」の数としては、前者:後者=9:1だが、タイムラインでの表示率は0.5:9.5ぐらいになっている。

このサイレントマジョリティの人たちは、旅行や子供、ペットの写真を時々上げていて、逆に私がそういう話題をタイムラインに上げたときに「いいね」を時々押してくれるような人たちだ。

サイレントマジョリティはいわゆる安保法制の議論の時も、何かしら意見表明を投稿することは全くなかった。一方、フリー・メディア系の人たちの投稿はその時も活発だった。ちなみに私はタイムラインではフリー・メディア系の「控え目」な部類に入る方だと思う。

そういうサイレントマジョリティ層の何人かが三色旗のアイコンをちらほらつけたのを見て、「三色旗のブランドイメージはすごいんだな」と感心していたら、ほどなくフリー・メディア系の何人かが、「シリア・中東・他国の人たちが同じテロで数多く亡くなっていたときは無関心で、パリの時だけ三色旗で追悼することへの違和感」という主旨の複数の記事や発言をシェアしはじめた。

このパリ事件の直前にはロシアの民間機がテロと推測される爆発で墜落し、200人以上が亡くなっているし、それ以前のシリアとイラクの惨状は言うべきもない。

そうすると、サイレントマジョリティの人たちが三色旗のアイコンをほぼ全員撤回した。実は三色旗にした人の数としてはフリー・メディア系の人たちが多く、そこの層の方たちは三色旗のアイコンをつけたままで平然と三色旗への違和感を表明した人の記事にコメントしているし、ある人は逆ギレの記事をシェアしていたりした。

パリの事件よりも死者が多くかつ悲惨な状況で亡くなられた方がいる事件が多いのは全くの事実であり、イスラム国が拠点にしているシリアはフランスの旧統治国である。この時だけ三色旗を掲げるのは潜在的な差別意識や無知の表明であるという指摘も正論だと思う。

ただ、今回の件で、特に三色旗をアイコンにした人が学んだことが共通してあるように思える。

何かを価値を表明することは、その価値を受けいられない人の反発を招き、傷つけることでもある

ということだ。

三色旗はNATO加盟国のフランスの国旗であるが、日本人に馴染みに深いフランス文化を象徴するアイコンとして頻繁に使われていることはデパートに行けばすぐわかるし、「自由・平等・博愛」というフランス革命時代からの人権意識のシンボルとして連想する人もいるだろうし、パリに旅行した人もたくさんいるだろう。三色旗は日本人にとってフランス国旗というより「西洋文化」の象徴として受け入れられていると思う。

※本題から少しそれるが、東京都台東区は国立西洋美術館の世界遺産化推進運動を熱心に展開しており、三色旗(トリコロール)を使っている。上野公園やJR上野駅でよくみかける。臆面もなくというよりかは、日本人がいかに三色旗に対して抵抗がないかがよくわかる。

http://www.city.taito.lg.jp/sekaiisan/topics.html

三色旗を掲げた人には、純粋に犠牲者への追悼を表明した人もいるだろうし、「自由・平等・博愛」の精神を普遍的なものとして世界平和の気持ちを仮託した人もいるかもしれない。事件現場近くに滞在した経験がある人、フランス人の知人とつながりがある人もいるかもしれず、それぞれ何かを思ってアイコンを変えたつもりが、それが中東や他国の人への差別つながるという指摘を受けたことに、驚きを感じた人もいるだろう。

私が懸念するのは、特にサイレントマジョリティの層が今回のことに学んで、今まで以上にSNS上に何かの価値や意見を表示するのに慎重になるだろうということだ。サイレントマジョリティが共感しないとムーブメントはできない。三色旗の件で、シリア・イラクや中東・北部アフリカの惨状を知る機会ができたと考えてくれる人が多いことを願っている。

※以下に国連難民高等弁務官事務所の単発寄付画面のリンクを貼っている。私は特に同機関と関係はないが、この機会に難民支援を専門的に行っている公的団体のリンクを貼ってみた。ちなみに同会は電話での案内(営業)に熱心で、それをご遠慮していただくためのオプトアウトも積極的にやっていただくとありがたい。

https://www.japanforunhcr.org/form/all/donate/single/#tabWrap

零細出版社が電子書籍にイマイチ反応が鈍い理由

最近、電子書籍のプラットフォームの営業マンと長話をする機会に恵まれた。小所帯の出版社に電子書籍の出典を依頼しても、イマイチ反応が薄くて苦労しているという話だった。

もちろん事情は各社で異なるが、電子書籍用の細かい経理処理ができないというのが、多くの零細出版社で共通する事情のはずだと私は思っている。

出版社の経理は主に2つある。

一つは一般の会社も行う給与計算や経費精算などの経営経理だ。もう一つは書店の決算をとりまとめる取次会社との経理処理で、出版経理などと呼ばれている。出版物は委託制度のため、売上回収のタイムラグがあるため、経理が非常にややこしい。売上の勘定の多くが、未収金として立つようなものと想像していただければわかりやすいかも。

電子書籍をはじめると、このややこしい出版経理に加えて印税支払いの処理が膨張して、現状でも余裕が無い人的リソースがさらに逼迫されて、二の足を踏んでいるのというのが私の実感である。

書籍の印税は名前の通り、売上の分配という意味があり、本の売上に乗じて支払うのが本来の主旨である。しかし、実際は5000冊なり本を印刷するタイミングで印税をまとめて払う出版社が多い。特に初回出版時の印税一括支払いは、原稿料の代わりとしての印税の前払いという意味合いが強いのだが、まとめて印税を支払って出版社が通常経理処理を軽減しているという側面がある。

現状、売上の目処が立たない電子書籍では、レベニューシェアという売上分配制度を出版社としても取らざるをえない。著者にしても、月々少額の印税が支払われるというのはあまり気持ちもいいものではないだろうが、バックヤード処理をする出版社の担当者も毎月、プラットフォームから売上を報告をとりまとめて、100人以上いる著者への支払い総額を計算して、振込手続きを行う必要が出てくる。

「小口決済ぐらい慣れろよバカモノ」と他業界の方からドヤされても、「その通りでございます」と全面降参して平身低頭するしかない。出版業界のピラミッドの底部に存在し、でもボリュームゾーンである零細出版社では、小口決済を自動化するノウハウもないし、それを支援する共通プラットフォームもないのが現状である。

零細出版社のほとんどが個人商店程度の組織体である。経理のような間接部門に割ける人的リソースの余裕はほとんどない。

経理処理のことで悩むのなら、面倒くさい電子書籍の話を先送りしようというのが経営や現場に本音としてあるのでは、と私は感じている。

だから、電子書籍プラットフォーム競争では、出版社側の経理計算を軽減するようなインターフェイスを用意したところが最終的には勝つのではと私は予想している。勝ち組候補の最筆頭はやはりAmazonだろう。リアルな物品流通でも、すでにOracleをベースにした「セラーセントラル」や「ベンダーセントラル」などの自動化された売上報告インターフェイスを提供しており、ソリューション能力は他のプラットフォームを大きく引き離している。

Amazonの強さはすでに自動化された決済処理機構をプラットフォームの中に組み込んでいることにもある。それは、iTunes、iTunesストアとアプリ開発支援システムをバックにして携帯電話業界に乗り込んできたアップルにも似た強さである。ただ、商品が優れているのではなく、必ずしも優れた事務処理能力やIT技術を持っているわけではないユーザーや開発者をアシストできるシステムを持ったところが最終的に勝つ。

発売間近と噂されているKindleだが、大手出版社の作品だけではなく、どれだけ零細出版社の作品を集められるか、私は楽しみにしている。

不完全なるもの、それは恐らくBUFFALO謹製「バックアップ・ユーティリティー」。

これでバックアップしている皆様へおせっかい。

Windows Vista以降のOSを使っている皆様は、OS純正のバックアップに早く切り替えましょう。

Windows XPを使っている皆様は、Acronis True Imageなど信頼性のあるソフトに切り替えましょう。お金をかけられない人は頑張って相性のあうフリーソフトを探すか、気休め程度にこの付属ソフトを使った方がいいでしょう。

私の経験から申し上げますと、

・写真などの重いファイルが入ったフォルダ
・書き込み・保存・展開をしょっちょうしているアクテイブなフォルダ

は全くバックアップされていないか古いデータしかバックアップされていない可能性が…

このソフトの問題としては、ハードディスク容量が満杯になったとき、容量調整が極めてしづらいという問題もあります。

万が一、このソフトのバックアップに頼らざるを得ない場合のヒントをいくつか。

・Windwos XPでバックアップしたファイルはアクセス権の問題でVistaと7では開けないことがほとんど。XPモードかXP搭載マシンを引っ張ってくるしかない。ファイルのアクセス権の書き換えはおすすめできない。

・実はバックアップソフトの復元モードが作動しない場合もある。私はこのケース。こういうときは、BUFFALOの公式復元ソフト経由ではなく、直接バックアップファイルの差分データを収録したフォルダ(ファイル名は数字だけのはず)からデータを引っ張ってくるしかない。ただ、差分ごとにフォルダが別れているので、手動の作業ではかなり時間がかかる。欲しいデータが限定されているのであれば、バックアップファイルにインデックスをつけて、OSのファイル検索でみつけるのもよい。

・公式復元ツールでは、システムファイルに収納されているOutlook ExpressやThunderbirdなどのメールデータは復元できないと思う。その時は、上記のようにバックアップフォルダに直接アクセスして、メールデータを見つけるしかない。

BUFFALOは、無線LANやNASにしろ、ハードはしっかりつくりこんでいると思うんです。メーカーを貶めるためにこの記事を書いたつもりはないです。Windows XPユーザーのためのおせっかいでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。